So-net無料ブログ作成

2月に「国家安全保障としての医療」を考えるシンポ―日医(医療介護CBニュース)

 日本医師会は2月5日の午後1時から、日医会館(東京都文京区)の大講堂で「国のありかたを考える―平時の国家安全保障としての医療」をテーマに医療政策シンポジウムを開催する。

 シンポジウムではまず、日医の唐澤祥人会長があいさつ。続いて、宇沢弘文・東大名誉教授が「社会的共通資本としての医療」と題して特別講演を行う。特別講演では、竹嶋康弘副会長が座長を務める。
 さらに、武見敬三氏(前参院議員、元厚生労働副大臣)と佐藤優氏(元外交官、文筆家)が講演。その後、二人をパネリストに、「世界の中の日本と社会保障のあり方」と題したパネルディスカッションが行われる。


【関連記事】
社会保障担保のために「消費税論議を」−09年回顧と10年の展望 日本医師会・竹嶋康弘副会長
日医が見解、「新政権と真摯に対話したい」
新政権に「一層強力な政策提言」−日医
骨太09で社保費削減撤回を―日医
吉川国民会議座長と中川日医常任理事が激論

幻の木
whitebaseのブログ
携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化 即日

草津線全線開通120周年で記念駅弁=滋賀〔地域〕(時事通信)

 JR草津線全線開通120周年を迎えるに当たり、滋賀県や沿線の市町などで構成する県草津線複線化促進期成同盟会が「記念駅弁」の販売を企画した。「草津のうばがもち」や「水口のかんぴょう」など沿線の特産品をふんだんに取り入れた。
 滋賀県の草津駅から三重県の柘植駅までを結ぶ草津線は、今年2月に全線開通120周年を迎える。記念駅弁は同月から草津駅構内で販売される。駅弁では、土山のお茶や甲賀のかぼちゃ、甲西石部の里芋など地元産の食材を生かした味が楽しめる。価格は840円。
 このほか、120周年を記念した「記念列車」の運行や「沿線の歴史パネル展」などさまざまな企画が沿線沿いで催される。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕カピバラ温泉で癒やされて=埼玉
〔地域の情報〕「雪との闘い」を展示=さいたま・鉄道博物館
〔地域の情報〕桑の葉パンが誕生=群馬
〔地域の情報〕三好町が「みよし市」に=愛知
〔地域の情報〕新名物は「さんふり汁」=青森

t9db302eのブログ
リアルサザエさん
債務整理
ライブチャット
債務整理無料相談

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。