So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<喫煙>20代の7割すでに「ニコチン依存」 製薬会社調査(毎日新聞)

 20歳代の喫煙者の約7割がすでに「ニコチン依存」の状態にあることが、製薬会社ファイザー(東京都)が実施した1000人規模の調査で分かった。回答者の半数近くが高校卒業までにたばこを吸い始めており、20歳代でも喫煙年数が短いとはいえない状況も浮かんだ。

 調査は昨年秋、インターネット上で実施。喫煙している20歳代の男女各500人が回答した。ニコチンへの精神的な依存度を診断するTDSテストを全員に受けてもらったところ、10項目のうち5項目以上が該当する「ニコチン依存症」の割合は70%だった。

 吸い始めた時期は「大学生」が44%で最多だったが、高校生26%、中学生16%など計46%が高校卒業までに吸い始めていた。

 83%が、学校の授業でたばこの害について学んだことがあり、74%が有害性を「認識していた」と回答した。

 吸い始めたことを「後悔したことがある」は52%。ニコチン依存症のグループに限ると64%に上り、同グループの67%は「すぐには禁煙できない」と答えた。

 厚生労働省の調査によると、日本人の喫煙率は徐々に低下しているが、20〜30歳代は横ばい。調査結果について、禁煙推進学術ネットワーク委員長の藤原久義・兵庫県立尼崎病院長は「若いから喫煙年数が短いとは限らない。ニコチン依存症になると、自らの意志だけで禁煙するのは難しく、長期的な喫煙の被害を若い世代にしっかり理解させる必要がある」と指摘する。【元村有希子】

【関連ニュース】
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少−−厚労省研究班調査
Dr.中川のがんから死生をみつめる:/36 予防に重要な食育
Dr.中川のがんから死生をみつめる:/34 たばこの害、周囲にも
禁煙外来:たばこ、きっぱりやめられます?! 県立淡路病院が開設 /兵庫

山口・防府豪雨から半年 重源教えの湯、再開へ 住民らが石風呂復旧 (産経新聞)
ゆるキャラ関西チーム、香港へ海外遠征(産経新聞)
小沢幹事長事務所への弾は実弾(産経新聞)
関電関連会社の派遣切り、200万円支払いで和解 大阪地裁(産経新聞)
小沢氏聴取、今週末が有力 妻にも打診(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。